今すぐ予約しよう
まずは1日体験教室から。
まったくの彫金初体験でも、自分だけのオリジナルリングが作れる本格体験!世界にひとつだけのシルバーアクセサリー、作ってみませんか?
→ご予約はこちらから

豆知識

シルバーアクセサリーのお店や商品を見て「シルバー925」・「シルバー950」・「スターリングシルバー」などの言葉を耳にしたことはありませんか?知っている方も知らない方もいるはず!そこでこのコーナーでは日ごろから疑問に思っていることをまとめてみました。

まずシルバー製品のほとんどが、銀の合金を素材として使っています。 銀製品も合金することで、純銀よりも硬くして、歪みにくくしたり、傷がつきにくくしたりしています。

<01>シルバー925とは??

Silver925という表記は銀の品位を表していて、92.5%が純銀であるということを意味しています。

一般的に銀のアクセサリーは、このSilver925という銀を使用しています。 これは純銀だと柔らかすぎて変形したり傷がつきやすいという欠点があるため、他の金属を少し混ぜることに よって強度を増しています。

純銀に混ぜる金属は何でもいいというわけではなく、 正しいSilver925は純銀と純銅のみを使用しています。 英国の銀貨にこのSilver925が使われていたため、海外では英国貨幣の法定純度を表すスターリングシルバーと呼ばれることも多いようです。


<02>シルバー950とは??

Silver950という表記は銀の品位を表していて、95%が純銀であるということを意味しています。

シルバー950は、純銀の比率が高くなるため、Silver925より若干柔らかくなります。 当店で製作・販売している1点ずつ銀の板などの地金から切り出して創るアクセサリーの銀は、加工のしやすさからSilver950を使用しています。 もちろんこの銀の地金は純銀と純銅のみを使用しています。


<03>アレルギーについて

金属アレルギーについて、1987年に東京都済生会中央病院の皮膚科が金属パッチテストによる調査を行っています。 その結果によると金属アレルギーを起こしやすい順番は、水銀・ニッケル・コバルト・スズ・パラジウム・クロム・銅・プラチナ・亜鉛・金・カドミウム・アンチモンとなっていて、このテストでは銀はアレルギーを起こしませんでした。

銀は、古くから食器などにも使われるとても安全な金属なのです。

銀のアクセサリーで、アレルギーを起こす方がいらっしゃいますが、 ほとんどがアレルギー性の高いニッケルが含まれている銀を使用している場合に起こるようです。 当教室の銀は、ニッケルを含んでいませんので安心してつけていただけます。

※アレルギー症状は個人差があります。まれに銅でもアレルギーが出る方がおられますので、症状が出た場合は使用を中止してください。


<04>汚れる理由

シルバーは空気中の硫黄分により、硫化銀の皮膜を作り徐々に黒ずみや黄ばみがでます。 また、ネックレスチェーンの首や皮膚にあたる部分が黒ずんだり、リングの内側が黒ずんだりするのは、皮膚や髪を構成しているたんぱく質の成分であるシスチンというアミノ酸に硫黄が含まれているからです。 シルバーには硫化という作用を与えます。 使っていく上での汚れや黒ずみ、小さなキズなどは、少しのお手入れで買ったときの輝きを取り戻すことができます。


<05>真鍮(しんちゅう)とは??

真鍮(しんちゅう)とは、黄銅(おうどう)とも呼ばれる、銅と亜鉛の合金で、見た目は光沢もあり、ゴールドのような黄金色が綺麗な金属です。 しかし真鍮は、ゴールドとは異なりいぶしと呼ばれる加工でくすみを表現したり、マット(つやのない状態)仕上等の加工ができる為、ゴールドとは異なる表現ができます。 その為、アンティークな風合いを演出したい場合など真鍮を使用ます。 また真鍮は、お手入れし続けていればいるほど、年月とともに美しさを増すとも言われています。


<06>いぶしとは??

いぶしとは銀のアクセサリーが黒ずんでいる加工の事をいいます。 通常シルバーアクセサリーをいぶし液につける事により、シルバーを黒くすることができます。 いぶした後、磨くとアクセサリの凹んだ部分だけが黒くなりアクセサリー全体が立体的になります。 お手入れをする場合、シルバークロスやクリーニング液を用いるといぶしが取れる場合がありますのでご注意下さい。


 
▲ページトップへ
copyright (c) 2005 DooRs Inc. All Rights Reserved.